自助論 全エピソードまとめ

自らを律し、成功を勝ち取ってきたサッカー日本代表の本田圭佑選手。彼の愛読書であるサミュエル・スマイルズの自助論の全エピソードを掲載しています。

*

たとえ一歩でも今日前進することが大事

LINEで送る
Pocket

●少しずつ前進すれば、気付けば大きな一歩になる

風景画家ターナーは「英国のクロード」と呼ばれているが、作風はもとよりその生い立ちにも共通点が多い。ターナーもまた、苦学の末に名声を得た芸術家なのである。

ターナーの父親はロンドンで理髪業を営んでいたため、彼も子供の時分からその仕事を手伝っていた。ある時、彼が銀製の盆に描かれている紋章の模様をスケッチしていると、訪れた客の一人がその絵の出来栄えに感心し、絵の素質を伸ばしてみてはどうかと父親に勧めた。それがきっかけとなって、ターナーは絵の道へと足を踏みこんでいく。

若き芸術家の多くが前途多難であるように、ターナーもその例に漏れなかった。しかも彼は貧しかったため、なおさら苦しみは大きかった。だが、彼は絵の制作にまつわる苦労をいとわず、骨身を削って修行に励んだ。

他人の絵に上塗りをするような仕事でも進んで引き受け、一晩に半クラウンを得てはそれを夕食代にあてた。こうして、彼は金を稼ぐと同時に専門的な技術も身につけた。また、旅行案内書や年鑑のイラストを描いたり、本の口絵の仕事をもらったりして、わずかばかりの金を手に入れたりもした。

「当時、他に私のとるべき道があっただろうか?あれこそ私にできる最善の練習方法だったのだ」と、後にターナーは述べている。

彼は、割に合わない仕事にも注意深く心をこめて取り組んだ。常に最善をつくし、前の仕事より一歩でも二歩でも前進したものを描き上げようと努力した。ターナーのようにものごとに専念すれば、誰でも目に見えて進歩を遂げるにちがいない。

ターナーの画才はこのようにして高まっていった。だが、彼に対するこれ以上の称賛は無用かもしれない。というのも、現在残された彼の作品がその不朽の名声の確かな記念碑となっているからである。

 - 4章 - 仕事