自助論 全エピソードまとめ

自らを律し、成功を勝ち取ってきたサッカー日本代表の本田圭佑選手。彼の愛読書であるサミュエル・スマイルズの自助論の全エピソードを掲載しています。

*

「ただの人」で終わる人、ついに頭角を露わす人の違い

LINEで送る
Pocket

●才能だけでは人は開花しない

たとえ生来の才能に恵まれた人間でも、芸術の粋をきわめるには長年にわたる持続的な努力が欠かせない。幼くして神童と呼ばれたにもかかわらず、その後才能をみがくのを怠り、結局は「ただの人」になり果てた者も多い。

その最たる例が、画家ベンジャミン・ウェストだ。彼はわずか七歳の時、姉の子供がゆりかごで眠る姿を見てその美しさに心打たれ、急いで紙を用意して赤ん坊の顔をスケッチしはじめた。このちょっとしたできごとで、彼の芸術家としての素質は世に知られ、天才少年の評判をほしいままにした。だが、あまりにも早すぎる成功がウェストの未来を損なう結果となった。そうでなければ、彼はもっと偉大な画家になっていたかもしれない。

確かに彼の名声は大きかったが、それは学問や試行錯誤や苦しみを通して得られたわけではなかった。だから、結局はその名声も長続きせずに終わってしまうのである。

●努力を続けることで才能は花開く

逆に、逆境の少年時代にたゆまぬ努力を続け、偉大な芸術家となった者も多い。

フランスの画家クロード・ローランは、ロレーヌ地方の貧しい家に生まれ、初めはペストリー(パイの一種)製造職人のところへ弟子入りした。その後、木彫師だった兄のもとで木彫の技術を学ぶが、そこで彼はしだいに芸術的な技量を発揮しはじめた。

ある時、一人の旅商人がクロードの素質に目をつけ、彼をイタリアに連れていきたい、と兄を説得した。彼は兄の承諾を得てローマへ向かい、画家アゴスチーノ・タッシーの家に召使として住みこむ。タッシーのもとで風景画を学んだクロードは、やがて自分でも作品を発表しはじめる。そのかたわらで諸国を回りながら徐々に画才をみがき上げた。こうして、クロードにはしだいに注文が殺到するようになり、その評判はヨーロッパ中に広まっていった。

クロードは、自然のさまざまな表情から絵画の神髄を学び取る練習を黙々と続けた。一日の多くを、建物や土地や木々を描いて過ごすのが常だった。また、明け方から日没まで空を眺め、過ぎゆく雲の変化や陽の光のかげり具合などを観察した。

このように常に修練を絶やさなかったおかげで、徐々にではあるがクロードは絵の技量や審美眼を高め、いつしか「最高の風景画家」とまで称されるようになったのである。

 - 4章 - 仕事