自助論 全エピソードまとめ

自らを律し、成功を勝ち取ってきたサッカー日本代表の本田圭佑選手。彼の愛読書であるサミュエル・スマイルズの自助論の全エピソードを掲載しています。

*

成功を決意し、努力の結果に自信を持つ

LINEで送る
Pocket

●固い決心は成功を産み出す

風俗画家デビッド・ウィルキーの生涯にも、誠実でねばり強い勤勉な姿勢が貫かれている。

スコットランドの牧師の息子に生まれた彼は、早くから芸術的才能を見せていた。学校では怠け者の劣等生も、人物を描くとなるととたんに熱中する。寡黙な少年時代から、彼はエネルギッシュな性格を内に秘めていた。それは一生を通じて彼の特質となった。

ウィルキーはいつも、絵を描く機会を探し求めていた。牧師館の壁や川っぺりの砂地は、彼の目的をかなえる格好の場所だ。どんなものでも工夫しだいで絵を描く役に立つ。燃えさしの木切れは鉛筆に、なめらかな岩はカンバスに、ボロをまとった者に出会うと、たちまちそれが絵の題材になる。

よその家に出かけては壁一杯に落書きを残すので、壁を見ればウィルキー少年が来たかどうかがわかるほどだった。もっとも、清潔好きのおかみさんたちはいい加減腹にすえかねていたようだが・・・・・。

父親のほうでは、牧師という職業柄、画家などという「罪深い」仕事には断固反対だった。それでも息子の決心を変えるには至らず、結局ウィルキーは画家をめざして困難な坂道を力強く登っていくことになる。

彼はエジンバラにあるスコットランド美術院へ入学を申しこむが、作品が粗野で正確さに欠けるという理由で、最初は入学を拒否される。だが、よりいっそうすぐれた作品が仕上がるまでがんばり通し、ついにはみごと合格する。

入学してからも、彼の進歩は遅々たるものだったが、人物画の制作に打ちこんでいるその姿は、成功を決意し、その努力の結果に確たる自信を持っているかのようだった。

 - 4章 - 仕事